青汁は体にいいというのは嘘じゃありませんでした

初めは青汁って粉っぽい、苦そう、青臭そうだと悪いイメージしかありませんでした。
幾ら飲んでいれば体に良いと言っても、味が良くないと飲み続けられないと思っていたのです。
でも最近ニキビが出来ると治らない、便秘気味な事に悩んでいて、とうとう私も青汁デビューしました。
飲んでみて思ったのですが、見た目は凄い緑色で一見飲みにくそうなのに、案外するする飲めてしまいます。
一口飲んで「これは美味しい」と思って、それ以来朝食や夕食前に1杯飲んでいるのです。

毎日青汁を飲むようになって4日程経った頃、便通がありました。
お腹が痛む暇もなくするっと出たので、今までみたいに苦しまずに済んだのです。
そして段々と肌荒れも治ってきましたし、心なしか髪の毛もサラサラしてきました。
青汁が体にいいと実感して、それからずっと飲み続けています。
青汁1杯を白米1杯分として置き換えダイエットも出来ますし、栄養素もたっぷりなので美肌にもなれました。
飲まず嫌いをするよりも、昔から「青汁は体にいい」と言われているのですから、これは是非飲んだ方がいいと感じました。
>>>青汁

我が家では青汁を、大人の栄養補助的な役割として購入して飲んでいましたが、最近では偏食の多い子供にかなり活用しています。
娘は2歳ですが、最近急にこれいや、あれいや、となかなかスムーズにご飯を食べてくれなくなりました。
特に葉物野菜などは嫌がってほとんど食べてくれません。
どうしたものか途方に暮れかけていましたが、よくよく考えれば我が家には青汁があるじゃないの。

ということで、いよいよ食が進まない日は最終兵器として青汁フードに頼っています。
最近の青汁はあまりクセのないものや、少し自然な甘みを足したものも多いのでそういうものを使います。
牛乳に入れて飲むことは大人でもよくやりますが、1番子供に好評なのはホットケーキミックスに混ぜ込んで焼く、青汁ケーキです。
これはむしろ普通のホットケーキよりもよく食べるかもしれません。
また、ヨーグルトや青汁の凍らせたものなどとバナナを合わせて、スムージーより少し硬めのものを作ると、これまたデザートとしてお気に入りのようです。

やはり健康は食生活からだと思っています。
偏りを感じている方はまず食生活を見直し、野菜中心の生活を送ってみてはどうでしょうか。
我が家も1食で野菜2品、野菜たっぷりのお汁orスープ、主食、たんぱく質をとっています。朝はこれに果物をつけます。
また旬の野菜、果物は必ず毎日とるようにしています。
例えば今の季節は菜ばなだったり、ほうれん草やこまつなだったり、果物は苺、ぽんかんなどです。

これを採ることによって、季節のものを味わえて嬉しいし、身体にいいものをとっていると実感できます。
必然的に元気が出てきます。また、たんぱく質も必ず毎食とるようにしています。
主に干物など、魚中心で肉が食べたい時はひき肉を使った野菜たっぷり餃子などここにも野菜をおりまぜて摂取しています。

もちろんステーキなども食べます。その時はもちろんサラダやスープをかかしません。
あと、発酵食品も大事です。納豆は夜にとるといいと聞いたことがあるので、夕飯に食べることが多いです。
納豆を食べていると肌の調子もいいですし、お通じもいいです。
昔、便秘ぎみでしたが、毎晩食べるようになってから排出がスムーズになりました。
納豆を食べても治らないときはコーヒーを飲むとなぜか便秘がなおります。
このように、野菜中心とした生活をすることで、とても健康な生活を送っています。元気は食からです。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です